今、レコードの買取が熱い!

僕はこれを知った時、心底驚きました!
実は今、日本の昭和の歌謡曲のレコードの価値が爆上がりしているのです!!
特に「シティポップのレコード」はヤバいです!
今日はなぜ、シティポップのレコードの価値が高いのか?
解説したいと思います。

■シティポップとは何か

シティポップは1970年代後半から1980年代にかけて日本で流行した音楽ジャンルです。都会的で洗練されたサウンド、爽やかでメロディアスな楽曲が特徴です。シティポップは、ポップス、ロック、ジャズ、ファンク、ソウル、ディスコなど様々な音楽スタイルを融合させたジャンルで、その多様性と高い音楽性から幅広い層に支持されました。

■最近のシティポップブームについて

近年、シティポップは再び注目を集めています。そのきっかけの一つは、YouTubeやSpotifyなどのストリーミングサービスによる再発見です。

特に、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」は海外のリスナーにも広まり、シティポップの代名詞的存在となりました。これにより、若い世代を中心にシティポップの魅力が再認識され、レコードの需要も高まっています。

シティポップは、1970年代後半から1980年代にかけての日本の経済成長と都市文化の発展とともに誕生しました。高度経済成長期を経て、都市部に住む若者たちのライフスタイルが多様化し、音楽もその影響を受けました。シティポップは、都会的でスタイリッシュなライフスタイルを反映した音楽として、多くの若者に支持されました。

■1970年代から1980年代のシティポップの全盛期

1970年代後半から1980年代初頭にかけて、シティポップはその全盛期を迎えます。この時期には、山下達郎、大瀧詠一、竹内まりや、吉田美奈子、松原みきといったアーティストたちが次々とヒットを飛ばしました。彼らの楽曲は、都会の洗練された雰囲気や、ドライブやリゾート地での開放感を感じさせる内容が多く、若者たちの心を掴みました。

シティポップの音楽は、ラジオやテレビ、雑誌などのメディアを通じて広まり、都市部を中心に大きなムーブメントとなりました。また、レコードやカセットテープが主流だったこの時代、シティポップのアルバムは多くのリスナーに購入され、音楽シーンの一翼を担う存在となりました。

■海外でのシティポップブーム

シティポップの再評価は、主に海外でのブームから始まりました。特に、YouTubeを通じてシティポップの楽曲が広まり、多くの海外リスナーの心を掴みました。竹内まりやの「プラスティック・ラブ」は、その象徴的な存在です。この曲は、2017年頃からYouTubeで急速に人気が高まり、数千万回再生されるなど、大きな話題となりました。この現象は、シティポップ全体の再評価へと繋がりました。

■YouTubeやSNSでのシティポップの広がり

YouTubeだけでなく、TwitterやInstagram、TikTokなどのSNSでもシティポップは大きな注目を集めています。特に若い世代がシティポップの楽曲を使った動画を投稿し、それがさらに多くの人々に拡散されることで、シティポップの知名度が急速に上がりました。これにより、新たなファン層が形成され、シティポップのアルバムやレコードの需要が高まりました。

■若者を中心に再評価される理由

シティポップが再評価される理由の一つは、その音楽的なクオリティの高さです。高度な演奏技術と洗練されたアレンジメント、キャッチーなメロディーラインは、現代のリスナーにも新鮮に映ります。また、シティポップの歌詞には、都会的なライフスタイルや恋愛、自由な生き方が描かれており、これが現代の若者たちの共感を呼んでいます。

■レコードの希少性

シティポップがリリースされた1970年代から1980年代のレコードは、現在では生産されていないため非常に希少です。特に、初回限定盤や特定のアーティストの初期作品は市場に出回る数が限られており、その希少性が高値を呼んでいます。さらに、当時のレコードは多くが使用されているため、状態の良いものは非常に貴重です。

■音質の良さ

アナログレコードはデジタル音源とは異なる暖かみのある音質を持っています。この独特の音質がシティポップの魅力を引き立てるため、多くの音楽愛好家やオーディオファンがレコードを求めています。また、アナログ録音技術が高度だった当時の作品は、その音質の高さが評価され、コレクターズアイテムとしての価値が高まっています。

■コレクター市場の拡大

シティポップの人気が再燃する中で、コレクター市場も急速に拡大しています。特に、海外のコレクターが日本のレコード市場に注目し、高額で購入するケースが増えています。これにより、シティポップのレコードの価値がさらに上昇し、高額買取が一般化しています。

■アーティストの人気の再燃

シティポップの代表的なアーティストたちの人気が再燃していることも、高額買取の理由の一つです。山下達郎や竹内まりや、大瀧詠一などの楽曲が再評価されることで、彼らの作品が改めて注目され、高値で取引されています。これに伴い、未発表曲やレアなライブ音源なども高額で取引されるようになっています。

山下達郎の『JOY』のレコードは、彼のアナログ最難関アイテムのひとつでしょう。
買取相場はなんと10万円以上!!
1989年リリースのため、CDが主流となった時代であり、レコードの製造数も限られていたと思われます。限定生産、珍しいレコード3枚組、山下達郎、と価値があがる要素がたくさんです。

現在では非常にプレミアがついています。ここ数年の世界的なシティポップ・ブームで、海外からも神格化されたTATSURO YAMASHITAのレコードは価格が急上昇しています。 元々レアだった『JOY』以外にも、『CIRCUS TOWN』『SPACY』『IT’S A POPPIN’ TIME』『RIDE ON TIME』『FOR YOU』といったRCA/AIR期の人気アルバムは、中古相場が劇的に上昇しました。

さらに、『COZY』『RAY OF HOPE』など近年の作品のアナログも非常にレアで高価となっています。
山下達郎のレコードをお持ちの方は、ぜひご相談ください!
家にもしかしたらお宝レコードが眠っているかもしれませんよ?
他にもテレサテンのレコードも高いです!この理由はまた別の所で!

古いレコードのお買取り
古いレコードのお買取り

当店では、経験豊富な鑑定士が丁寧に査定し、お客様に満足いただける価格を提示いたします。

特に最近は古いレコードにも力を入れていますので、お買取をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しい買取金額についてはDMでお気軽にお問い合わせください。

#質屋 #高額買取 #レコード #質コンドー #信頼と実績 #蓮田市 #買取日記#古いレコード

レコードをお持ちの方にお得なお知らせがあります。
質KONDOでは、古いレコードの強化買取しております。
質KONDOポイント3つをご案内します。

  1. 年間10000点以上の品物を取り扱う、鑑定士が査定する
  2. 海外まで広がる独自の販売ルートがある
  3. 地域で40年以上、お客様の要望に応え査定してきた実績がある

これら3つのポイントで、他店には負けない値段を出すことができるのです。

このブログをみてLINE査定に申し込んだとおっしゃていただければ、通常買取価格のさらに5%買取をアップいたします!
友だち追加

執筆:リ・アンティーク株式会社 運営店舗 質KONDO 鑑定士 重栖 健一

蓮田伊奈白岡周辺で出張買取なら蓮田で創業40年買取専門の買取・質コンドー。出張買取ではロレックス、エルメス、シャネルやルイヴィトンなどの買取の他にブランド品のバッグやジュエリー、宝石、金など多数買取。また生前遺品整理や断捨離、終活相談での不用品回収の前に一度は出張買取査定を買取・質コンドーへ。お気軽に出張買取のご相談を
骨董品、陶磁器、中国骨董、茶器、銀盃、甲冑、掛け軸、茶道具、香道具、刀、刀剣、象牙、絵画、美術品、古書、美術品、古道具、和洋食器、絨毯、金塊 (インゴット )、記念硬貨、楽器、ギター、カメラ、レンズ、お酒、スマホ、商品券、フィギュア、家具、電化製品、鉄道模型、玩具、工具、ゴルフ用品、電子機器類、万年筆、市松人形、車のパーツ、カー用品、漫画、ブランド品 ( 古いバッグ、ベタベタ ) など